So-net無料ブログ作成
検索選択

お台場の由来の「台場」を見てきた [東京近郊]

お台場と聞いて何を思い浮かべるだろうか、フジテレビだろうか?それともパレットタウンだろうか?それとも日本科学未来館だろうか。それとも船の科学館?
と、普通の人の答えはこんな感じだろう。「東京湾第三台場跡地の台場公園」なんて言う人はまずいないだろうし、そんな人がいたらちょっと怖い。

と、いうわけでお台場という地名の由来ともなった、台場に行って見たのです。

東京湾には8個の台場があったが、それらのほとんどは埋められたり他の用途に転用されたり、立ち入りが禁じられていたりしていて、気軽に入れて整備までされているのはお台場海浜公園の先っぽにある台場公園、元第三台場しかないのだ。

image.jpg
お台場海浜公園。台風一過の青空とあいまって、なるほどドラマのようなロケーションである。この公園の先っぽに歴史ある台場跡地があるのだ

image.jpg
いきなり重厚な石垣が現れ、歴史的建造物の威厳を放っている。多分この台場から言わせれば、13号地なんて赤ちゃんなのだろう。

image.jpg
内部は凹んでいて、昔は兵舎などがあったらしい。案内板をよんだのに忘れましたとさ。

そしてまわりに何もないので、とにかく景色がいい。
image.jpg
昔の砲台のレプリカとレインボーブリッジ、東京の今昔が交錯する。


観光に来た人みたいに写真を撮りまくって、夕日を見て帰りました。お台場に行った時は是非どうぞ。
image.jpg

東京の街並み

最近噂の虎ノ門ヒルズというところを少し覗く機会があった。
綺麗だ。ガラス張りの建物は空の色を反射して、中に入っているテナントはきらびやかだ。
目の前の環状2号線は電柱がなく、広々としている。近頃東京はどうも電柱を無くしたがっているらしいのであるが、どうも落ち着かない。なんか空が広すぎるのである。確かに清々しくて綺麗で近代的な街並みになるのであろう。大手町とか丸の内とかのように。
しかし同時になんか空虚感を覚えてしまう。何もなくて、整然としている街並み。言ってみれば無機質な空間。
僕はそれよりは地元の商店街のように空では電線が絡まり合い、看板は乱立し、店は昔のままの佇まいである方が好きなのだ。人間の生きている熱の様なものが感じられる。活気が感じられる。
そんな商店街に魅力を感じている人が多いから下北沢とか三軒茶屋とか、ああいった商店街ベースで発展している街が人気なのだろう。新しいビルなんてものは注目度がだんだんと落ちていくが、前述した街などはむしろ最近も衰えることないパワーがあるように思える。
なんとなくアジア的な雰囲気がする東京のカオスな商店街が僕は好きなのだ。
image.jpg

六本木付近の暗渠など [暗渠(いろいろ)]

九月のある雨の日、普段あまり乗らない都バスに乗って麻布十番、六本木エリアに行って見ました。

まずは渋谷駅から都06系統に乗って麻布十番に向かいます。
ところで都バスの「都」とつく系統には愛称があるのをご存知ですか?
今回乗った06系統はグリーンエコーと名付けられていて、この「都」系統は全部で7つあるのですが全てに愛称があります。車内の自動音声でも聞く事が出来るので是非耳を傾けてみてください。
そして今回乗ったバスが都バス90周年の復刻塗装。
image.jpg
そして麻布十番あたりをプラプラしていると、こんな名前の坂があったり
image.jpg
なかなか良い名前ですねえ
そしてこの坂の下を歩いていると、こんなコーンが立っていました
image.jpg
なんと下水道の文字があります。これはもしやと思いあたりを見ると、
image.jpg
かなり怪しい感じです。
これを六本木方向に少し歩き、六本木の蔦屋書店のあたりでよくわからなくなってしまいました。
そのあとは六本木ヒルズまで歩き、いかにも都会的な景色を楽しんで、またしても都バスに乗って帰ったのでした。
image.jpg
帰りの都01系統はグリーンシャトルと呼ばれていて、一部の車には前面にヘッドマークと愛称板がつけられています。(後日撮影しました)

二回目の万松寺谷戸 [谷戸]

最近、というか今日、大学の授業終わりに久しぶりに万松寺谷戸へ行ってきました。
そろそろ稲刈りの季節なのてそんな風景も見られるかなと思いふらっと行ってきました。

谷戸の場所は、多摩センター駅から鶴川行きのバスに乗り10分程度、小野路地区というところです。このバスに乗るのは二回目なのですが多摩センターから分水嶺の尾根を一つ超えただけで都会的なビルの景観から一気に牧歌的な風景に変わるのにはいつも驚かされます。
そして谷戸はこんな感じ。
image.jpg
心なしか二年前よりも耕作放棄地が綺麗になっている印象。相変わらずここは東京なのかと疑いたくなる光景。好きです。
image.jpg
青空が映えますね。本当にのどかで良いところです。
image.jpg
この辺りは東京都によって景観保護区のようなものに指定されていてハイキングコースのようなものも一応あるらしいのですが自分が行った時はもう夕暮れが近かったので遠慮しました。
image.jpg
谷戸は奥に必ず溜池、湧水地があり、ここも例に漏れず写真の右の方に溜池があります。ここに水を貯めて水田を潤すのです。

今回久しぶりに行って感じたのは、前回より小綺麗になっているということ。是非この景観をいつまでも残しておいていただきたいものです。

久しぶりにブログの更新というものをしてみました

最後にこのブログに触ってから2年が経ち、当時高校生だった私は無事大学受験を終わらせて現在も何かといって変わったことはない平凡な生活を送っています。
改めて高校生の頃書いていたこのブログを見ると当時は興味があるものにとりあえず特攻していたというか元気な感じがします。それが今の大学勉強にもつながっているのだから当時の自分に感謝感謝といったところでもあります。

この2年で一気にスマホが普及し、便利になったいいが最近はどうもスマホに支配されているという感覚が抜けずスマホに嫌悪感を抱く始末です。このブログに至ってはパスワードを忘れてしまいどうしようもなくなり、そのうち忘れ、スマホに買い替えてからもう一回チャレンジしたものの弾かれ、今回ようやくログインが出来るようになり、スマホからこんなにも簡単に更新ができるのかと感動している次弟です。

なんか以前は暗渠とか湧き水とか、ある特定のテーマに絞って書いていた気もするんですがこの際自由になんでも書いてみようと思います。表現はあまりよろしくないですがいわば感情のはけ口として書くような感じです。

どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。